兵庫丹波篠山市の春日神社を参拝。本郷春日おどりで五穀豊穣を祈る

丹波篠山市春日神社

兵庫県丹波篠山市といえば「篠山城跡」「丹波篠山渓谷の森公園」などが有名?なのでしょうか。私的には「黒豆」のイメージがあります。黒豆はダイエットに効くと言われ一時期購入していた記憶があります。

先日、兵庫県豊岡市まで車で行った際に途中丹波篠山を通ったのですが、自然が多くていい町だなと思いました。

ノバべ
その道中で参拝しました兵庫県丹波篠山市本郷の「春日神社」の魅力を紹介したいと思います。
ノバべ
後々調べると、兵庫県丹波篠山市には「春日神社」が3つもあるんですね。「黒岡」「本郷」「子枕」の3つ。

春日神社 歴史

創建は不明。創建当時は「梅の宮」と称していましたが、中古以来「梅田春日神社」として改号されました。元々は中出村(現京都市福知山市三和町)にありましたが、仁安元年(1166年)に当地に遷座(せんざ)しました。

毎年10月には「本郷春日おどり」が開催され、江戸時代中期~末期にかけての歴史と伝統が今も継承されています。

この「本郷春日おどり」は市の無形指定民俗文化財に指定されています。

春日神社 主祭神

主祭神は八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)

神様一覧表

神社主祭神一覧表。初詣で行く神社に祀られている神はすごい神様だった

2019年5月26日

配神

事代主神(ことしろぬしのかみ)

紀貫之公(きのつらゆきこう)

春日神社 ご利益

・学業成就

・出世開運

・家内安全

・商売繁盛

・開運招福

・五穀豊穣

春日神社 鳥居

丹波篠山市春日神社鳥居

一の鳥居と階段を上がった二の鳥居。一の鳥居も二の鳥居も時代を感じさせられるぐらい年季が入ってます。

春日神社 手水舎

丹波篠山春日神社の手水舎

階段の途中右手に手水舎があります。手と口を清めましょう。

春日神社 本殿

丹波篠山春日神社の本殿

本殿は2015年に国の登録有形文化財に登録されました。この本殿を手掛けたのは、彫物師の中井氏一族で江戸時代後期に丹波地方で活躍した人物です。

春日神社 四社

丹波篠山春日神社の四社

四社の神様を祀っている神社です。

豊受皇大神神社(とようけこうだいじんじんじゃ)主祭神は豊受大神(とようけのおおかみ)

愛宕神社(あたごじんじゃ)主祭神は火産霊命(ほむすびのみこと)

八幡神社(はちまんじんじゃ)主祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)

天満神社(てんまんじんじゃ)主祭神は菅原道真(すがわらのみちざね)

春日神社 本郷春日おどり

春日おどりは、草山地区の氏神春日神社に奉納されるおどりです。歌詞は「鯉の滝のぼり」、「豊年おどり」、「兵庫くどき」、「四季と唄」、「宰相頼朝さん」、「京都道中」、「忠臣蔵」など15種で、おどりは初庭、中庭、納めおどりに分かれています。踊り子は長襦袢(ながじゅばん)に紺地の着物を着、その着物を肌脱ぎにして垂らした服装で境内に並べられた縁台の上で歌によって、五色の御幣や扇などを両手に持って踊ります。当地の伝統的な芸能として大変貴重です。

ノバべ
春日神社本殿の「国の指定の有形文化財」に本郷春日おどりの「市の無形指定民俗文化財」を見に一度丹波篠山市に訪れてみてはいかがでしょうか。

神社名:春日神社

住所:兵庫県丹波篠山市本郷141-1

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、生まれも育ちも大阪のノバべです。 2019年1月からブログを始めました。今まで物流の仕事しかしてこなかったのでネット関係にウトく書き方とか日々勉強中です。 2019年5月よりはてなブログからワードプレスに変更しました。 神社ネタや役に立つ情報を提供できればと思っています。 特に神社ネタはメジャーな神社もそうですが、マイナーな神社も紹介していきたいと思います。 よろしくお願いします。