TAG

御朱印

【京都若一神社】ご神水・参拝で効果倍増!開運出世のご利益

京都市下京区に鎮座します「若一神社」(にゃくいちじんじゃ)は平清盛が御神託を受け若一王子のご神体を見つけ祀ったのがはじまりの神社です。   ご神体に開運出世の祈願をしたところ翌年に「太政大臣」を任せられ平氏の勢威がのびたことから、「開運出世」のご利益があるとされています。  

【京都宗忠神社】黒住教の悟りを開いた「眼病平癒」のご利益

京都市左京区に鎮座します宗忠神社(むねただじんじゃ)は吉田神社の社地に鎮座している皇室や公家から崇敬を受けた神社です。   吉田神社の社地にあるため、摂社と勘違いしがちですが別神社です。   ご祭神には最高神である「天照大御神」と岡山に本部をおく黒住教の教祖「宗忠大明神」を祀り、学徳向上や眼病平癒などのご利益が授かれます。  

【大阪池田呉服神社】商売繁盛のご利益!アパレル関係崇敬神社!

大阪府池田市室町に鎮座します「呉服神社」(くれはじんじゃ)の読み方は和服の呉服(ごふく)と勘違いされ「ごふく神社」と言ってしまいそうですが「くれは神社」と読みます。   由来は呉服の呼び名「呉(くれ)服(はとり)」からきているので、大ハズレというわけではありませんが…。