【七福神で開運ご利益】プロフィールと幸せをつかむ縁起物グッズとは

みなさんは七福神7人のの名前すべて言えますか?私は・・・3人ぐらいしかわかりませんでした。。。七福神は福徳もたらす神として信仰されているので、7人を覚える事で、福徳をもたらしてもらえる一歩近づけるような気がしませんか。

という事で今回は七福神のプロフィールと開運の縁起グッズを紹介したいと思います。

七福神誕生

大黒天・恵比須の民間信仰から始まり、毘沙門天または弁財天を含めた三神信仰を経て、室町時代にほかの神が加わりました。七神信仰は室町時代末期の成立と言われています。

ご利益

正月7日の間にそれぞれの神様をお祀り寺社をすべてお参りする七福神巡りをすると「七」が二つ重なるということで、大きなご利益があります。

七福神

恵比須(えびす)

・五穀豊穣、商売繁盛をもたらす神。七福神の中で唯一日本由来の神様。

恵比須を祀っている神社・・・西宮神社(兵庫県西宮市)

大黒天(だいこくてん)

・振ると福を生み出す打ち出の小槌を持つ。食べ物や財福を司る神様。

大黒天を祀る寺院・・・大黒寺(大阪府羽曳野市)

大黒天を祀る神社・・・舞子六神社(兵庫県神戸市)

弁財天(べんざいてん)

・豊かな才能あふれる女神で、習い事や財宝の神として祀られている。

弁財天を祀る寺院・・・龍安寺(大阪府箕面市)

弁財天を祀る神社・・・天河大弁財天社(奈良県吉野郡天川村)

毘沙門天(びしゃもんてん)

・財福、無病息災、勝負事の神様。使者のムカデが金運を運ぶといわれる。

毘沙門天を祀る寺院・・・信貴山玉蔵院(奈良県生駒郡信貴山)

毘沙門天を祀る神社・・・福王神社(三重県三重郡菰野町)

福禄寿(ふくろくじゅ)

・子宝、財宝、長寿という3つの福を授ける。生活全般に関わる神様。

福禄寿を祀る寺院・・・赤山禅院(京都府京都市左京区)

福禄寿を祀る神社・・・阿志都弥神社(滋賀県高島市)

寿老神(じゅろうしん)

・仙人のような姿で、鹿を従えていることもある。健康・幸福・長寿の神様。

寿老神を祀る寺院・・・行願寺(京都府京都市中京区)

寿老神を祀る神社・・・三光神社(大阪府大阪市天王寺区)

布袋尊(ほていそん)

・大きな袋の中には「喜び」が入っており、人の吉凶を見抜く力を持つ。

布袋尊を祀る寺院・・・萬福寺(京都府宇治市)

布袋尊を祀る神社・・・久國神社(東京都港区)

金運アップの縁起グッズ

招き猫

一般に右手を上げたのが金招き、左手なら人招きといわれています。老女が手招き猫を夢に見たのが始まりとか、藩主の井伊直孝が猫のお告げで落雷を逃れたのがきっかけとか色んな諸説があります。始まりは江戸時代。9月29日を「来る福」とかけて毎年「招き猫まつり」を行う神社もあります。

たぬき

「他抜き」とかけて「人より抜きんでる」。民話の「ぶんぶく茶釜」は罠に捕えられたたぬきが助けてくれた老人に感謝し、茶釜に化けて富を与えた話です。ずんぐりした茶色い姿は確かに茶釜そっくりかも。木の葉をお金に換えたり、その逆もあるとされています。

カエル

グリム童話「カエルの王子様」でも知られるとおり、カエルは世界中で神秘的な動物と考えられています。日本では「お金が返る」「無事帰る」「若返る」とされ、雨を呼ぶことから安産のお守りにもなっています。

フクロウ

「福朗」、「不苦労」とかけて、招福の象徴となりました。夜も目が利くことから、先々の見通しが明るくなる、とも言われます。

白蛇

真っ白な蛇は弁財天や水神の使いとされ、古来から信仰され、畏れられてきました。山中でたまたま見たりしたら、幸運の証です。

カメ

長生きする事、「銭亀」という種類のカメが実際にいること。また江戸時代の小判はカメの甲羅を文様化したことなどから金運アップの象徴に。奈良県の千手院銭亀堂には全国唯一の銭亀善神が祀られており、お金に苦しむ人を救うと言われています。

ツル

長寿の吉祥鳥。夫婦鶴は一生連れ添うことから、家庭円満の象徴でもあります。鳴き声が共鳴して遠くまで届くことから、天の使いともされています。

ひょうたん

果肉を取り除いて乾燥させると末広がりで固まるので、古来から縁起のいい入れ物とされてきました。種を入れておくと必ず芽が出るので、豊臣秀吉がお守りにしたといいます。「ひょうたんから駒が出る」ということわざもあり、入れておくと良い物に化けるかもしれません。

稲穂

稲作が始まった二千年以上も前から、米が実る穂は豊穣のシンボル。箸袋に稲穂の絵が描いてあったり、舞妓さんがかんざしにしてたりしています。稲わらを価値あるものとして交換して「わらしべ長者」になった民話は有名。玄関など出入りの多いところに飾って。

イチョウ

金色に輝く末広がりの葉は、めでたさと金運アップがダブル。イチョウの葉を一枚お財布に入れるとお金が増えるとされています。押し葉にすればしおりにもなり、見た目も美しい。

だるま

中国で禅宗を開いた達磨大師がモデル。赤は大師の法衣の色であり、魔除けの色でもあります。群馬県高崎の少林山達磨寺では、正月6・7日にだるま市が開かれます。目なしだるまは、満願成就の際に目を描き入れて奉納します。

福助

福の神が具体化した江戸時代から始まった信仰です。福助さんが正座してお客様をお迎えすると千客万来、商売繁盛といわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!ノバべです。 現在は関西(大阪・京都・奈良・兵庫)を中心に神社ブログを執筆しています。 遠方にお住まいで「関西神社のココのお守り・お札・御朱印が欲しいんです」という方はインスタのDM(novave0201)もしくはノバブロ神社にお問い合わせください。