大阪市淀川区「神津神社」でご利益。御朱印・お守り・アクセスは?

神津神社

大阪市淀川区にあります「神津神社」。阪急十三駅から徒歩5分ぐらいの場所にあります。阪急宝塚線・神戸線・京都線とすべてに停車する十三駅から徒歩圏内ですので、比較的行きやすいです。

ノバべ
それでは大阪市淀川区の十三界隈にあります十三戎でも人気の「神津神社」の魅力を紹介します。

 

神津神社 歴史

神津神社は天正年中(1573年~1592年)八幡神社の八幡大神を勧請して創建されました。

明治44年(1911年)に神饌幣帛料供進社(しんせんへいはくりょうきょうしんしゃ)に指定されました。

昭和47年(1972年)に社殿を再建。

神津神社 主祭神

応神天皇(おうじんてんのう)

神功皇后(じんぐうこうごう)

底筒男命(そこつつのおのみこと)

中筒男命(なかつつのおのみこと)

表筒男命(うわつつのおのみこと)

宇賀御魂神(うかのみたまのかみ)

菅原道真(すがわらのみちざね)

少彦名神(すくなびこなのかみ)

猿田彦神(さるたひこのかみ)

神津神社 ご利益

厄除け

勝運

身体壮健

学業・受験合格

神津神社 鳥居&社号碑

十三駅前通り商店街を抜け左に曲がると、鳥居と社号碑が現れます。

神津神社 手水舎

鳥居をくぐると左手に手水舎があります。ここで口と手を清めましょう。

神津神社 本殿

突き当りが本殿です。朱が映えてすごく綺麗に見えます。

本殿は昭和47年に改築されました。

神津神社 祖霊社

手水舎の横に祖霊社があります。昭和27年の大東亜戦役に出征し、散華せられた氏子の人たちの英霊を鎮め奉り当神社の役員の物故者や職員物故者を祀るために創祀されました。

神津神社 摂社十三戎神社

今宮戎神社の分霊で奉斎しました。1/9.10.11の十三えびす祭は七福神の氏地巡行をスタートとして3日間福世授与、十三戎クジの抽選、芸能人の演芸などが行われます。

神津神社 末社六所神社

参道の真ん中左手に末社の六所神社があります。旅行や交通の守護神として崇敬されています。

神津神社 末社山之稲荷神社

六所神社の隣には同じく末社の山之稲荷神社があります。主祭神は山之稲荷大神です。

神津神社 絵馬掛

本殿左手に「所願成就絵馬掛」があります。

神津神社 社務所

本殿右手に社務所(授与所)があります。

ここでお守り(肌守り・安産祈願・学業成就・合格祈願)、お札、おみくじのご購入ができます。

御朱印もご購入できます。

神津神社 摂社福永稲荷神社

寛政2年(1790年)に天満西橋屋町某氏が建立しました。主祭神は「福永稲荷大神」です。

神津神社 祭事・行事

●1月1日 歳旦祭 9~11日十三戎祭 15日とんど

●2月3日 節分祭・豆まき

●5月第3土日 春祭り

●7月22日・23日 夏祭り

●10月22日・23日 秋祭り

毎月行われる催し物

●十三市 毎月13日に神津神社境内にて、野菜・花・古道具・アクセサリー・占いなどのお店が出ます。

神津神社 アクセス

神社名:神津神社(かみつじんじゃ)

住所:大阪府大阪市淀川区十三東2-6-39

神津神社 周辺神社

阪神大震災から復興した神社

香具波志神社

大阪市淀川区「香具波志神社」震災から復興した神社でご利益

2019年8月11日

足の神様神社

足の神様服部天神宮

【豊中服部天神宮】合格祈願・学業成就の天満宮で足の神様のご利益とは

2019年7月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!ノバべです。 現在は関西(大阪・京都・奈良・兵庫)を中心に神社ブログを執筆しています。 遠方にお住まいで「関西神社のココのお守り・お札・御朱印が欲しいんです」という方はインスタのDM(novave0201)もしくはノバブロ神社にお問い合わせください。