【大阪守口高瀬神社】夏祭りも行われる古社でご利益を授かる

大阪府守口市にあります「高瀬神社」。京阪電車「土居駅」から徒歩5分ほどの場所に鎮座しています。周辺には大枝公園があり地元の方はスポーツをしたり、観戦しに訪れる事が多い場所です。

[voice icon=”https://novave.work/wp-content/uploads/2019/09/IMG_4880.png” name=”ノバべ” type=”l”]それでは鬼門の守護神として尊重されていました高瀬神社の魅力を紹介します。[/voice]

高瀬神社 歴史

天正年間(1573年~1592年)に織田信長と三好氏の兵火で社殿が焼失しましたが、その後再建され江戸時代の中期頃に建てられたのが現在の社殿です。江戸時代には相当の規模を誇る神社で「八幡宮」とも呼ばれていました。

守口市では「延喜式」式内社(村社)として津嶋部神社と並ぶ古社です。

守口市や門真市は表鬼門の地に位置する事から、高瀬神社も鬼門の守護神として尊重されてきました。

高瀬神社 主祭神

  • 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

主祭神の天之御中主神は日本神話に登場する造化三神の一神です。

高瀬神社 ご利益

  • 安産
  • 開運招福
  • 事業成就

高瀬神社 鳥居&社号碑

高瀬神社 鳥居&社号碑

大枝公園沿いの道路に面している高瀬神社の鳥居と社号碑です。

高瀬神社 手水舎

高瀬神社 手水舎

鳥居をくぐると左手に見えますのが手水舎です。ここで口と手を清めましょう。

高瀬神社 本殿

高瀬神社 本殿

江戸時代の中期に再建された社殿です。

境内をおおっている樹林は守口市の保存樹林として指定されているもので、クスノキ・イチョウ・クヌギなどの大木で構成されており、幹線道路に面する市街地で、大変貴重で価値のある存在となっています。

樹林の中で古いものとなると樹齢320年を超える木もあります。

高瀬神社 楠木稲荷神社

高瀬神社 楠木稲荷神社

本殿左奥に楠木稲荷神社(くすのきいなりじんじゃ)があります。

主祭神は宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)で商売繁盛・五穀豊穣のご利益があります。

高瀬神社 祭事

●1月1日:歳旦祭

●2月初午:初午祭

●7月23日:夏祭り

●10月23日:御例祭

高瀬神社 アクセス

神社名:高瀬神社(たかせじんじゃ)

住所:大阪府守口市馬場町1-1-11

高瀬神社 周辺神社

大阪府守口市の学問の神社2社

[kanren2 postid=”52″][kanren2 postid=”2382″]

松下幸之助が参拝した神社

[kanren2 postid=”53″][voice icon=”https://novave.work/wp-content/uploads/2019/09/IMG_4880.png” name=”ノバべ” type=”l”]大阪府守口市の中でも歴史のある高瀬神社を参拝してみてはいかがでしょうか。[/voice]
高瀬神社
最新情報をチェックしよう!