【奈良玉置神社】怖いくらいの不思議体験!超パワースポット神社

玉置神社

奈良県吉野郡十津川村に鎮座します「玉置神社」。この神社は「呼ばれていなければ行けない」という不思議な力があるパワースポット神社です。行こうとしているのに、なぜ行けないのかというと「急に予定が入る」「道が霧で通行止めになる」などがあります。

逆に呼ばれている時はふとしたきっかけで行こうと思い、参拝できたりもします。ただし山奥にある神社ですから冬季は注意が必要になりますので、春夏秋までに参拝されるのがいいかと思います。

ノバべ
そんな呼ばれていないと行けない玉置神社の魅力を紹介していきたいと思います。
ノバべ
ちなみに私は急に友人から連絡があり玉置神社に行くことになり、当日玉置神社に行くまでの道中で不思議体験をしました。あれは神の使いだったのか・・・。
玉置神社 玉置山

標高1000m付近に鎮座する玉置神社。見渡す限りの山!山!山!

玉置神社 歴史

創建は神武天皇の東征の際、八咫烏(やたがらす)の案内で熊野より大和の地を目指す途上、当地にて十種神宝(とくさのかんだから)を奉じ身の安全を祈願された事に始まり、紀元前37年第10代天皇の崇神天皇の御宇に王城火防鎮護と悪魔退散を祈願し社殿が創建されたと記されています。

玉置神社 主祭神

  • 国常立尊(くにのとこたちのみこと)
  • 伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)
  • 伊邪那美尊(いざなみのみこと)
  • 天照大神(あまてらすおおかみ)
  • 神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)別名神武天皇(じんむてんのう)

玉置神社 ご利益

  • 悪魔退散
  • 開運厄除
  • 出世
  • 商売繁盛
  • 家内安全
  • 縁結び

玉置神社 動画

玉置神社 一の鳥居&社号碑

玉置神社 一の鳥居

駐車場から見える一の鳥居と社号碑です。

道のりが長かったので鳥居と社号碑を見てホッとしたのは初めてです。

玉置神社 山之神

玉置神社 山之神

参道を進んで行くと最初に目についたのが、小さな鳥居の山之神です。ちょうどここに着いた瞬間に無風から風が吹いたので(神社参拝中に急に風が吹くと神社に迎えられていると言われます。)玉置神社に招待されたんだなとポジティブに考えました。

玉置神社 参道

玉置神社 参道

参道から右手は階段など登降りのある参道です。左手は平坦の参道になります。

玉置神社 手水舎

玉置神社 手水舎

参道を長らく進むと手水舎があります。ここで手と口を清めましょう。

一の鳥居からこの手水舎まで30分以上は歩いたかもしれません。

玉置神社 二の鳥居

玉置神社 二の鳥居

長い参道が終わり境内に入ります。階段を登るとすぐに社殿がありますが、まずは玉置神社の原点であります「玉石社」に向かいます。最初は玉石社から!これが玉置神社の参拝方法です。

玉置神社 玉石社

玉置神社 玉石社

最初の玉石社、、、思った以上に険しい道のりでした。足腰の悪い方は授与所で杖の貸出をしてますので、杖を借りましょう

末社の玉石社。主祭神は大巳貴命(おおなむちのみこと)別名大国主命(おおくにぬしのみこと)で、病気平癒・縁結び・商売繁盛のご利益が授かれます。

玉石社には社殿がなく御神体は玉石になっています。またこの玉石社が玉置神社の基になったと言われています。

玉置神社 西真王水神

玉置神社 西真王水神

玉石社の鳥居の手前にありますのが西真王水神です。水の神様が祀られています。

玉置神社 三柱神社

玉置神社 三柱神社

摂社の三柱神社。主祭神は倉稲魂神(うがのみたまのかみ)、天御柱神(あめのみはしらのかみ)、国御柱神(くにのみはしらのかみ)で厄除け・開運・所願成就・海上安全に精神の平癒などのご利益があります。

この神社は稲荷社とも呼ばれ、玉置山の地主明神でもあり玉置神社に縁の深い神様三柱を祀っている事から三柱神社と名付けられました。

玉置神社 出雲大社玉置教会

玉置神社 出雲大社玉置教会

明治維新に、十津川郷中すべてが廃寺されすべての村民が大社教に属したことから、その総元締めとして設立されました。

玉置神社 社務所

玉置神社 社務所 玉置神社 お守り

本殿と三柱社の間に社務所があります。この社務所と台所はなんと国指定の有形重要文化財に指定されています。社務所まで文化財は聞いたことがないです。

神職さんも愛想がよく、気持ちよくお守りを購入することができました。

玉置神社 御朱印

玉置神社 御朱印

玉置神社の御朱印です。

玉置神社 和泉式部参詣記念

玉置神社 和泉式部参詣記念

古来より熊野三山奥宮として信仰があつく、多くの行幸があると伝えられています。両側の石塔は和泉式部参詣記念として建てられました。

玉置神社 本殿

玉置神社 本殿 玉置神社 本殿

見るからにすごいパワーがありそうな本殿です。本殿は寛政6年(1794年)に再建されました。

標高1000mで空気が澄んでいることもありますが、普段参拝する神社とは雰囲気が違いました。そして呼ばれたんだなと実感しながら祈願しました。

玉置神社 若宮社

玉置神社 若宮社

末社の若宮社。主祭神は住吉大神(すみよしのおおかみ)、八幡大神(やはたのおおかみ)、春日大神(かすがのおおかみ)の3柱です。

玉置神社 神武社

玉置神社 神武社

末社の神武社(じんむしゃ)。主祭神は迦具土神(かぐづちのかみ)、速玉男神(はやたまのおのかみ)、高倉下神(たかくらじのかみ)の3柱です。

玉置神社 大日堂社

玉置神社 大日堂社

境内左手に鎮座します大日堂社(だいにちどうしゃ)。主祭神は役小角(えんのおづぬ)です。

玉置神社 杉の巨樹群入口

巨樹入口

若宮社・神武社の裏手に神代杉・夫婦杉の入口があります。

玉置神社 神代杉

玉置神社 神代杉

天然記念物に指定されています神代杉(じんだいすぎ)。幹周り8.5mで樹齢はなんと3000年です。

玉置神社 夫婦杉

玉置神社 夫婦杉

神代杉の隣には根元が二つに分かれた夫婦杉(めおとすぎ)があります。

玉置神社 不思議体験

玉置神社までの山道を走っていると狐2匹と遭遇しました。2匹は別々の場所で遭遇し、野生の狐や動物は警戒心が強いはずなのに、車で近づくとこっちを見て寄ってきました。

まず狐なんて生で見たこともないのに2匹も見れるなんてと思い、玉置神社に到着すると玉置神社に縁が深い摂社の三柱神社という稲荷社があり、更に社殿には2匹の狐(稲荷様)が!

呼ばれるべくして玉置神社に参拝できたのかと思っています。

玉置神社 アクセス

神社名:玉置神社(たまきじんじゃ)

住所:奈良県吉野郡十津川村玉置1

玉置神社 行く価値がある奈良神社

日本最古の神社で境内全域パワースポット

大神神社 大鳥居

【奈良大神神社】大鳥居に驚愕。三輪山登拝でご利益授かる

2019年9月16日

鶏がお出迎え!起死回生のご利益がある神宮

七支刀「奈良石上神宮」で鶏の鳴き声を聞けばご利益絶大

2019年2月9日

天河神社 執筆中

ノバべ
大阪市内からグーグルマップで調べると高速で3.5時間ぐらいでしたが、山道を走るので5時間ぐらいは走りました。しかしそれに見合うような歴史ある神社であり、不思議な体験もしますので一度参拝してみてはいかがでしょうか。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは!ノバべです。 現在は関西(大阪・京都・奈良・兵庫)を中心に神社ブログを執筆しています。 遠方にお住まいで「関西神社のココのお守り・お札・御朱印が欲しいんです」という方はインスタのDM(novave0201)もしくはノバブロ神社にお問い合わせください。