【京都市右京区】外国人の方も多数訪れる嵐山の野宮神社で縁結び

神社・寺院でご利益を授かろう。の「ご利益」ってなんだろう?って素朴な疑問を感じたことないですか。たまに普通になにげなしに使っている言葉をくわしく掘り下げて考えるってあまりしないですよね。

ご利益とは、神仏を信じる事から受ける恩恵!

「信じる者は救われる!」まさにこれにあたります。信じることによって得られるご利益を信じたいものです。

ノバべ
今回は京都嵐山にあります「野宮神社」(ののみやじんじゃ)の魅力を紹介します。嵐山散策ブログもありますので合わせて読んで頂ければ幸いです。

野宮神社 歴史

京都市右京区嵯峨野(うきょうくさがの)にある神社で、ご祭神は野宮大神(天照皇大神)になります。809年に創建(平安時代)

野宮神社はその昔、天皇の代理で伊勢神宮におつかえする斎王(天皇の娘の中からえらばれる)が伊勢にいかれる前に、身を清められた場所でもあります。

野宮神社 主祭神

野宮神社の主祭神は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)

天照大神(あまてらすおおかみ)と天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)は同一人物。

神社主祭神一覧表。初詣で行く神社に祀られている神はすごい神様だった

2019年5月26日

野宮神社 ご利益

・縁結び

・子宝

・学問・学業成就

野宮神社 黒木鳥居

野宮神社 黒木鳥居

黒木鳥居で有名な「野宮神社」。黒木鳥居とは樹脂の着いたままの鳥居のことで、鳥居の形式としては原始的日本最古のものです。鳥居の用材には「くぬき」を使用しています。現在はくぬきの入手困難もあり自然木の鳥居を採用しています。

野宮神社 奉納木

野宮神社 京都嵐山

恋愛成就と書かれたハートマークの看板があり、そこに山積みにされた奉納木。

願い事を書いて奉納します。授与所にて200円で購入でき、ペンは四方に箱に入って用意されてます。それにしても沢山の奉納木がありますね。

野宮神社 えんむすび絵馬

絵馬 野宮神社 京都嵐山

ハートマークの絵馬や良縁と書かれた絵馬などどれもおしゃれですね。

えんむすび良縁祈願をしたい方は絵馬を購入し、願い事を書いて掛けましょう。

観光地だけあり、色々な国の言語が書かれています。

ただ、それだけではありません。気になるのは開運・えんむすび・進学の看板の下。

禊祓い(みそぎばらい)・清浄(せいじょう)御祈願、迷惑行為など祓いたい清めたい事柄をご祈祷用紙に記入し、水面にコインを乗せて浮かべてくださいの文字が!!

なんとここは縁結びだけではなく、縁切りもできるんです!!

授与所で300円で販売されてます。

縁を切って縁を結べる神社・・・一石二鳥の神社です。

野宮神社 神石(亀石)

野宮神社 京都嵐山 縁結び②

祈りを込めてなでると願いが叶うそうです。

私もなでなでし、仕事の縁を結んで商売繁盛するようお願いをしました。

後ろで待っていた女性二人組の一人の方が、「祈りを込めると願いが叶うらしいよ!」「祈り込めたらストーカーどっか行ってくれるかなぁ。」と言ってるのが聞こえ、それここじゃなくてまず警察ですやん。って心の中でツッコんでしまいました!笑

野宮神社 野宮大神

京都嵐山 野宮神社 拝殿

野宮神社のメインどころです。野宮大神(天照皇大神)が祀られている場所ですので、ご利益を授かれるよう、しっかりと祈りましょう。

健康と知恵さづけの神様です。

野宮神社 白福稲荷大明神

野宮神社 京都嵐山 白福稲荷大明神

野宮大神から右に進むと、白福稲荷大明神があります。

白福稲荷大明神は子宝安産・商売繁盛のご利益があるとされています。

野宮神社 大山弁財天

野宮神社 京都嵐山 白峰弁財天

白福稲荷大明神の隣には大山弁財天があります。

大山弁財天は交通安全・財運向上のご利益があります。

野宮神社 苔と嵯峨の竹林

野宮の苔 竹林 嵐山

野宮神社の苔の庭園はじゅうたんを敷き詰めたようで、苔のゆたかさ、美しさは京都随一と言われています。写真でも綺麗ですが、実物を見る方がもっと綺麗に見えます。

ノバべ
縁結び・縁切り・子宝安産・商売繁盛・財運など野宮神社でのご利益はすごいですね。またそれだけではなく、苔であったり黒木鳥居であったりと目で見て楽しめるものもたくさんあります。

京都の風情はほんとに美しいのでカップルや家族で来てみてはいかがでしょうか。

【京都嵐山を春冬楽しむ】絶景スポットから嵐山花灯路・桜のトンネル

2019年4月13日

神社名:野宮神社(ののみやじんじゃ)

住所:京都市右京区嵯峨野宮町1番地

時間:AM9:00~PM5:00

アクセス:嵐電嵐山駅徒歩5分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、生まれも育ちも大阪のノバべです。 2019年1月からブログを始めました。今まで物流の仕事しかしてこなかったのでネット関係にウトく書き方とか日々勉強中です。 2019年5月よりはてなブログからワードプレスに変更しました。 神社ネタや役に立つ情報を提供できればと思っています。 特に神社ネタはメジャーな神社もそうですが、マイナーな神社も紹介していきたいと思います。 よろしくお願いします。