【兵庫川西小戸神社】春夏秋冬祭りが行われる住宅街にある神社

小戸神社社号碑

阪急宝塚線川西能勢口駅から徒歩8分ぐらいの場所にあります川西市小戸に鎮座する小戸神社(おおべじんじゃ)。閑静な住宅街の中にあり、すごく落ち着いた雰囲気があります。

阪急宝塚線川西能勢口駅は能勢電鉄妙見線ともつながっており、また徒歩圏内にJR宝塚線川西池田駅もあるので、この付近はアクセスも良く人気の街です。

ノバべ
今回はそんな閑静な住宅街を見守っている「小戸神社」の魅力を紹介したいと思います。

小戸神社 歴史

小戸神社がいつごろからお祀りされ始めたかという創建年月日は不明です。しかし史書(ししょ)をひもとくと、平安時代の延喜(えんぎ)5年(西暦905年)醍醐天皇(だいごてんのう)の勅命(ちょくめい)によりつくられた延喜式(えんぎしき)に全国の由緒ある神社2,861社が取り上げられ、その中の「摂津国河辺郡の部(せっつのくにかわべこおりのぶ)」に「小戸神社」が記載されています。

この「延喜式」が編纂(へんさん)されたのが元慶年間(西暦877~884)であり、小戸神社の創祀はこの年代より更にさかのぼると考えられます。

「延喜式」には川西市内の鴨神社(かもじんじゃ)や多太神社(ただじんじゃ)も記載されています。

※延喜式とは平安時代の法令が書かれた書物のことで、神社を等級化した制度です。

小戸神社 ご利益

  • 五穀豊穣
  • 商売繁盛
  • 家内安全

小戸神社 主祭神

主祭神は

  • 大山津見神(おおやまつみのかみ)

合祀神

  • 天児矢屋根尊(あめのこやねのみこと)
  • 素戔嗚尊(すさのおのみこと)

の三柱の神様

明治時代に全国の村々の神社を、その地域の中心となる神社に統合せよという「神社合祀令(明治39年)」により、現在の小戸3丁目12番付近に鎮座した「八坂神社(素戔嗚尊)」と花屋敷1丁目29番付近に鎮座した寺畑集落(てらはたしゅうらく)の氏神(うじがみ)「細川姫神社(天児矢屋根尊)」を延喜式に記載されている小戸神社に明治42年9月14日に合わせてお祀りするようになりました。

※この「合祀令」は鎮守(ちんじゅ)さまを中心とする日本の伝統文化を崩壊させるものであるとする有識者(ゆうしきしゃ)の反対運動により大正10年に廃止されました。

似たような場所に複数の神社はいらないと思ったのでしょうか。現代も昔も統合はあるのですね。この有識者の反対運動がなければ、統合しあって市に一つずつしか神社が存在しないという可能性もあったかもしれないので、合祀令の廃止はよかったですね。

小戸神社 鳥居

小戸神社 鳥居

小戸神社の門柱から参道を300mほど歩いた所に鳥居があります。この鳥居は宝暦10年(西暦1760年)に建立(こんりゅう)されたものです。

小戸神社 手水舎

小戸神社 ご利益 手水舎

鳥居の手前右手に手水舎があります。ここで口と手を清めましょう。

小戸神社 社務所

一の鳥居をくぐるとすぐ右手に社務所があります。ここでお守り・おみくじ・絵馬・守護矢・絵馬矢・破魔矢が購入できます。

お守りの種類・・・

  • 健康御守
  • 安産御守
  • 厄除御守
  • 学業成就御守
  • 交通安全御守

小戸神社 拝殿

小戸神社 拝殿

御本殿の覆い屋(おおいや)と拝殿は、阪神大震災の影響により傷みがすすみ、氏子崇敬者(うじこすうけいしゃ)の篤志(とくし)により平成20年に大修復工事を行い、現在の麗しい社殿になりました。

小戸神社 狛犬

御本殿の扉の脇に像高約30cmの極彩色(ごくさいしき)を施された木製の狛犬があります。また境内参道には三対の狛犬があり、参道の国道近くの一対は天保12年(西暦1841年)に奉納され、拝殿前の一対は平成12年に奉納。本殿覆い屋脇の一対は文政6年(西暦1823年)に奉納されました。

この小戸神社の狛犬は川西市の指定文化財となっています

小戸神社 鹿島社・稲荷社

小戸神社 末社

御本殿の左側奥に「鹿島神社・稲荷神社」末社(まっしゃ)があります。この社(やしろ)は昭和30年代に結成された地域の団体である白龍講によって「白龍神社」と一時期呼ばれていましたが、現在は元の社名に戻っています。

「鹿島神社」のご祭神は武甕槌(タケミカヅチ)。この神様は古代豪族中臣氏(こだいごうぞくなかとみし)が信奉(しんぼう)し奈良の春日大社のご祭神です。

中臣氏末裔(なかとみしまつえい)の藤原氏や歴代の天皇に篤く信仰されています。

鹿島の神様は、日本に地震を起こす大鯰(おおなまず)を退治する神としても信仰があります。

「稲荷神社」明治42年に合祀された八坂神社の末社であった稲荷神社を鹿島神社に合祀されました。

ご祭神は宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)。「宇迦(うか)」とは穀物で食べ物全般の神様です。稲荷の起源は「稲成る(いねなる)」とされ、農業の五穀豊穣・商売繁盛の進行も篤く、全国の津々浦々にお祀りされています。

小戸神社 大くす

小戸神社 大楠 ご利益

境内北西の隅に兵庫県文化財の指定を受けた大きな楠があります。根回り約12メートル、樹高30メートル、樹齢約600年と推定され、室町時代から成長したものと思われます。

近年大楠のすぐそばまで宅地化が進み、道路の舗装等も含めて大楠をとりまく環境は悪化し、樹勢(じゅせい)が衰弱傾向(すいじゃくけいこう)にあり、樹木医の指導を得て樹勢回復を図っています。

小戸神社 二宮金次郎石像

小戸神社 二宮金次郎

境内南西の隅に二宮金次郎石像があります。平成21年4月に奉納されました。

二宮金次郎が読んでいる本のところにお賽銭を置く方がいらっしゃるのでしょう。「ここに賽銭を置かないでください」と書いてあります。

小戸神社 年中行事

  • 1月1日「元旦祭」、1月15日「とんど祭」、1月最終土日「厄除祈願祭」
  • 2月3日「節分祭」、2月28日「祈年祭(春祭)」
  • 7月18日「夏越おはらい祭(夏祭)」
  • 10月18日「例大祭(秋祭)」
  • 11月中旬「七五三まいり」、11月24日「新穀感謝祭(冬祭)」
  • 12月31日「年越大祓式」

小戸神社 アクセス

神社名:小戸神社(おおべじんじゃ)

住所:兵庫県川西市小戸1-13-17

阪急宝塚線川西能勢口駅東口から徒歩約6分

JR宝塚線川西池田駅北口から徒歩約13分

小戸神社 周辺神社

アパレル関係者が参拝する神社

【大阪池田呉服神社】阪急池田駅すぐアクセス良好神社でご利益

2019年4月15日

三矢サイダー発祥の地

勝ち運のご利益の多田神社

【兵庫川西多田神社】三ツ矢サイダー発祥の地で勝運のご利益

2019年4月27日
ノバべ
ここの神社では初めて合祀というものを知りました。神社の世界も大変なのですね。「小戸神社」には2つの兵庫県指定文化財がありますのでご興味がある方は一度参拝してください。御朱印は鳥居をくぐった右手に社務所がございますので、お伺いしてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!ノバべです。 現在は関西(大阪・京都・奈良・兵庫)を中心に神社ブログを執筆しています。 遠方にお住まいで「関西神社のココのお守り・お札・御朱印が欲しいんです」という方はインスタのDM(novave0201)もしくはノバブロ神社にお問い合わせください。