【大阪三島神社】巨大クスノキ樹齢1000年の天然記念物

大阪は門真市にあります神社巡り。門真市は大阪の北河内に位置する市で、有名な場所門真試験場・門真教習所・東和薬品RACTABドーム(旧なみはやドーム)です。大阪の人であれば門真市=門真試験場でしょう。

ただ最近はフィギュアスケート紀平梨花さんの活躍もアリ、東和薬品RACTABドームを知って頂ける機会が増えたと思います。

隣接する市は大阪市・寝屋川市・大東市・守口市です。

[voice icon=”https://novave.work/wp-content/uploads/2019/06/face_20190610_080031.png” name=”ノバべ” type=”l”]今回は東和薬品RACTABドーム(旧なみはやドーム)から徒歩10分圏内にあります。樹齢1,000年の巨大クスノキ薫蓋樟がある「三島神社」の魅力を紹介したいと思います。[/voice]

三島神社 歴史

古くは山王権現(さんのうごんげん)と言われてましたが、明治3年の4月に「三島神社」に改められました。

昭和41年の8月には稗島(ひえじま)の堤根神社(つつみねじんじゃ)を合祀(ごうし)。しかし昭和28年に住民の希望により堤根神社は元の場所に戻ります。

境内には薫蓋樟(くんがいしょう)と呼ばれる大きなクスノキがあります。

三島神社 主祭神

  • 天照大神(あまてらすおおかみ)
  • 大己貴命(おおなむちみのみこと)別名大国主命(おおくにぬしのみこと)
  • 素戔嗚命(すさのおのみこと)
[kanren2 postid=”569″]

三島神社 ご利益

  • 厄除け
  • 開運
  • 縁結び

三島神社 歴史

三島神社 鳥居

閑静な住宅街に三島神社の鳥居と社号碑があります。

三島神社 手水舎

三島神社手水舎

鳥居をくぐると右手に手水舎があります。ここで手と口を清めましょう。

三島神社 拝殿

三島神社拝殿

薫蓋樟が大きすぎて拝殿が目立ちません。狛犬でさえすごく小柄に見えます。ここには3柱の神様が祀られているので、しっかりとお祈りをしましょう。

三島神社 薫蓋樟

三島神社薫蓋樟

昭和13年5月10日に天然記念物に指定されている薫蓋樟。「新日本名木100選」や「大阪みどりの100選」にも選ばれている。樹高は25m、幹周は約12.5mで樹年齢はなんと推定1,000年となっている。

近づくと写真は全くもって入りきれない大きさのクスノキです。

写真で見るより現地で見ると「すごい!!」って間違いなく思います。木の規模が明らか違いすぎますから!

三島神社 境内社

三島神社境内社

拝殿の隣に鎮座する境内社。これまた隣にある薫蓋樟に目がいってしまいます。

ここでもご利益があるようにお願いをしましょう。

[voice icon=”https://novave.work/wp-content/uploads/2019/07/face_20190610_080031.png” name=”ノバべ” type=”l”]樹齢1,000年のクスノキは実際に間近で見てほしいです。間近で見るとクスノキの大きさに感動します!近くの堤根神社も含めクスノキが非常に大きいので、是非とも参拝してほしいと思います。[/voice]

三島神社 主祭神

神社名:三島神社(みつしまじんじゃ)

住所:門真市三ツ島1374

駐車場:無料駐車場有

三島神社 ご利益

【松下幸之助も参拝した神社】門真神社に行ってご利益を授かろう!

【門真南の堤根神社】天然記念物の稗島のくすを見て厄除開運

【大阪門真菅原神社】境内社「龍神社」も学業成就のご利益

【大阪鶴見神社】七五三などの祈祷やご神木で夫婦円満のご利益