【池田市呉服神社】阪急池田駅すぐのアクセス良好神社でご利益

大阪府は池田市室町にあります呉服神社をご存知ですか。和服の呉服(ごふく)と勘違いされて、「ごふく神社」と言ってしまいそうですが、「くれは神社」と読みます

由来は呉服の呼び名「くれはとり」からきているので、大ハズレというわけではないですが…。

私も最初は間違えてしましました。

ただ、呉服神社は阪急電車宝塚線池田駅から徒歩3分のところにあり、周辺では知名度が高く初詣や祭事が行われる時期は、たくさんの参拝客でにぎわいます

ノバべ
今回は大阪府池田市にありますアパレル関係者もよく参拝される「呉服神社」の魅力ついて紹介していきたいと思います。

呉服神社 歴史

呉服神社の社号碑

創建は仁徳天皇77年。

応神天皇時代に機織(はたおり)・縫製技術(ほうせいぎじゅつ)の技術を得るために中国の呉の国に派遣された猪名津彦命(いなつひこのみこと)が呉王に連れ帰った、呉服媛(くれはとりのひめ)が祀られている。

呉服神社は仁徳天皇の御代に没した呉服の祖神を祀る神社で、その遺体を伊居太神社の梅室に形見の三面鏡を境内の姫室に納め、翌年神社を建て呉服神社とされました。

以来、絹布類すべて「呉服(ごふく)」と呼ぶようになった。

今の服飾技術はここから発展していってるので、アパレル関係者は参拝しなければならない場所ですね。

呉服神社 主祭神

呉服神社の主祭神は呉服大明神、仁徳天皇

神様一覧表

神社主祭神一覧表。初詣で行く神社に祀られている神はすごい神様だった

2019年5月26日

呉服神社 行事

・歳旦祭(元旦から3日間)

・十日恵比寿(池田えびす)1/9(宵えびす)1/10(本えびす)1/11(残えびす)が行われ期間中は参道が車両通行止めになり、露天・参拝客でにぎわいます。

・夏祭り7/18(平日時は後の土曜日)夏越大祓 ※毎年7月中旬には夏祭りが行われ、イベントなど盛りだくさんです。

・大祀(大晦日)

呉服神社 ご利益

・商売繁盛

・健康成就

・交通安全

・学業成就

呉服神社 神門

呉服神社の神門

呉服神社の神門です。夕方の時間帯もあり、ちょうど夕日が神門を照らし、拝殿が輝いて見えました。

呉服神社 手水舎

呉服神社の手水舎

入って右手に手水舎があります。手と口を清めて参拝します。

呉服神社 拝殿

呉服神社 拝殿 ご利益

拝殿は1969年(昭和44年)に建立。本殿には呉服大明神、仁徳天皇が祀られています。

呉服神社 恵比寿神社

呉服神社 ご利益

手水舎の裏手にある恵比寿神社。1/9~1/11の3日間は主役になります。

ちょうちんには恵比須?へんがくには恵比寿?どちらが正しいのでしょう。一緒ですかねぇ・・・。

呉服神社 六神社

六神社 呉服神社

拝殿を右に進むと、六神社があります。六神社は「市杵島姫神(いちきしましまのかみ)、大物主神(おおものぬしのかみ)、大国主神(おおくにぬしのかみ)、素戔嗚命(すさのおのみこと)、國常立神(くにのことたちのかみ)、猿田彦神(さるたひこのかみ)」を祀っています。

六神社にお参りするとそれぞれのご利益が受けれるので、すごいことになるのではないですか!

呉服神社 稲荷大明神

呉羽神社 稲荷大明神 ご利益

六神社から更に奥に進むと稲荷大明神。初瀬稲荷大明神を祀っています。

呉服神社 両皇大神社

両皇大神社 呉服神社

稲荷大明神の隣にある両皇大神社。天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、豊受大神(とようけのおおかみ)を祀っています。

呉服神社 社務所

呉羽神社 社務所 御朱印

拝殿から左に進むと社務所があります。ここでご祈祷の申し込み・お守り・御朱印帳・御朱印などが購入できます。

呉服神社の名前が記された御朱印帳はデザインがよく欲しくなります。

呉服神社 天満宮

天満宮 呉服神社 ご利益

社務所から少し奥に進むと、明神鳥居と天満宮があります。菅原道真公(すがわらのみちざねこう)を祀っています。

呉服神社 臥牛像(がぎゅうぞう)

臥牛像 呉服神社 ご利益

天満宮の隣には臥牛像があります。お賽銭は缶の箱の中に入れてください。なぜここだけ賽銭箱ではないんだろう。

呉服神社 アクセス

神社名:呉服神社(くれはじんじゃ)

住所:大阪府池田市室町7-4

電話番号:072-753-2243

アクセス:阪急宝塚線・池田駅徒歩3分

営業時間:9:00~17:00

無料駐車場は無く、近隣の有料パーキングに停める事になります。

ノバべ
駅から近く、神社の雰囲気もすごくよかったです。池田えびすは一度行ってみたいなと思いました。商売繁盛・健康成就・交通安全・学業成就と様々なご利益があるので、「呉服神社」でご利益を授かってはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!ノバべです。 現在は関西(大阪・京都・奈良・兵庫)を中心に神社ブログを執筆しています。 遠方にお住まいで「関西神社のココのお守り・お札・御朱印が欲しいんです」という方はインスタのDM(novave0201)もしくはノバブロ神社のお問い合わせにご相談ください。