【シーズン到来】引越し貧乏にならない為の引越しの知識を知ろう

これから一人暮らしを始めようと思っている

しかし何からしていいのかわからない方、そもそも何から手をつけていいのかわからない方、そんなあなたに引っ越しまでの流れ費用などお教えします。

これを見れば引越し知識は完璧です。

引越し 冷蔵庫 引っ越し業者

まず、、、どんな暮らしをしたいか

都会で暮らす

家にいるより外出してる方が多い方。家賃は高くても、職場や繁華街に近いのは利点。

住みやすい住宅地で暮らす

インドア派の人なら、住宅街を選んでもOK。スーパーなどが充実していて、日常の食品や雑貨類が安く豊富に手に入る。生活しやすいのが魅力です。

郊外でのんびり暮らす

空気が澄んでいて、緑豊かな環境を選びたいなら郊外へ。通勤時間はかかってしまいますが、比較的手ごろな家賃で広い部屋を借りれます。

だいたいの条件を決める

家賃

家賃は管理費込みで収入の3分の1以下を目安にします。例えば収入が20万円なら6~7万円程度の家賃の部屋を探すことになります。

場所

急行が止まる便利な駅の方が家賃は高めです。便利さと同様、街の持つ雰囲気は大切なので、まず住みたい街を歩いてみます。

間取り

当然、部屋が広いほど家賃は高くなります。最初は6~10畳くらいの部屋と2~4.5畳のキッチンがついた1Kの物件がスタンダードでしょう。

建物

築数年と構造をチェック。築10年以上なら、家賃は安くなります。またコンクリートのマンションは高めですが、木造アパートよりも防音効果があります。

日当たり

南向きの部屋は明るく、日当たりもよいのですが、やはり高めです。暖房費の事、カビの事、部屋で過ごす時間帯などを考慮に入れて選びましょう。

バス・トイレ

バスとトイレが別の物件だと、家賃はその分1~2万円高くなります。お風呂に追い焚き機能があるかどうかもチェックポイントです。

どうやって探すか

人に聞く

一人暮らしの先輩の意見はとても参考になるものです。また、いい物件を紹介してもらえるかもしれません。よかったこと、後悔していることなど、部屋選びのコツも教えてもらいましょう。

情報誌で探す

家賃の相場を知るためにも、まず住宅情報誌に目を通しておくといいでしょう。間取り図にもなれ、自分が希望する部屋のイメージもつかみやすくなります。

不動産屋で探す

希望している地域に行き、駅の近くの不動産屋に貼ってある物件情報を見て回りましょう。また中に入って具体的な相談をしても。条件を言えば物件をPCで探してもらえます。

インターネットで調べる

不動産情報を流しているサイトで、条件を入力することにより、物件を閲覧することができます。引っ越し先が遠い時に便利です。

とりあえずどんな場所に住むか決めると次に覚えるのが、賃貸契約までの流れそして費用です。

契約までの流れ

不動産屋へ

上記のインターネットで探すや情報誌で探しても結局は不動産屋を訪ねなくてはなりません。不動産屋へは良い印象を与えるような服装で行きます。

部屋を下見

気に入った部屋があれば、下見をさせてもらいます。第一印象は大切ですが、気に入ったとしてもすぐに申し込まず、他の物件も見ます。

※私は部屋に入った瞬間の雰囲気を最も大事にしています。ちょっとでも負のイメージを感じたら止めます。

検討する

家族や友達にも相談し、そこに決めてよいか検討します。また夜間に再度行き、チェックします。

※昼間。夜間に行くのは結構大事で、昼間はよくても夜は人気が無く不気味となると契約してから後悔します。実際他のお客も物件を探しているので、早い者勝ちな所はあるので、早く契約しないとって思うかもしれませんが、もしそれで契約できなかったら縁が無かったと思い、しっかりと考えてから契約してください。

申し込む

部屋を決めたら、申し込みします。申込書に記載したり、必要な書類を揃えたりします。

審査

オーナーや不動産屋による審査が行われる場合もあります。

契約

敷金・礼金・家賃などの費用、住民票や保証人の印鑑証明などの必要書類を用意します。契約する際は、契約書にはきちんと目を通しましょう。

引越しするだけでたくさんのお金が飛んでいきます。

引越しにかかる費用

申込金

「預り金」とも呼ばれ、一時的に預けるお金です。契約の際に相殺されます。また申し込みをキャンセルした場合も、返金されます。1万円程度が相場です。

家賃

月額の基本です。管理費込みになっている場合と、別になっている場合があるので、部屋を決める前に確認しておきましょう。

前家賃

契約の際は、1ヵ月分の前家賃を支払いします。月の途中から入居する場合は、入居する日数分を日割り計算し、その分を支払うことになります。

敷金

オーナーさんに預けておくお金で、家賃を滞納したり、退去時に修繕費や清掃費が発生した時の担保のようなものです。家賃の1~3ヵ月分が相場です。

礼金

オーナーさんお礼として払うお金で敷金と違って、返金されません。家賃の1~3ヵ月分が相場です。なお、最近では礼金なしの物件が増えつつあります。

仲介手数料

部屋を仲介してくれたお礼に、不動産屋に支払うお金です。家賃の1ヵ月分が相場です。

管理費

玄関や廊下など、共有部分を維持管理するためにかかる費用を、1戸当たり1ヵ月分に割り振った金額です。保守点検費用や管理人さんの人件費などに使われます。

家賃更新料

部屋の賃貸契約は2年が基本で、それ以降も引き続き住む場合は、家賃更新料を支払います。家賃の1ヵ月分が相場で、不動産屋にも更新手数料が必要です。

次に、引っ越す場所は決まったけど、手続きって何をするんだっけ?って思う人もたくさんいます。それもそのはず、引越し前後の手続きは思いのほか多いです。今回これをマスターすれば、やり残すことはありません。

住民票の移動

引越し前の市区町村の役所に出向いて転出届を出し、転出証明書をもらいます。

転出届は引越し予定日の14日前から出すことができるので、早めに手続きを済ませておくと安心です。なお同じ市区町村での引越しなら、転居届を出すだけでOK。転出届や転入届を提出する必要はありません。

郵便局に転居届

郵便局に備え付けてある転居届に記入して提出しておけば、1年間は郵便物を転送してくれます。

電気会社に連絡

電気はすぐに使える場合が多いのですが、事前に利用開始日の連絡を。

ガス会社に連絡

ガスは器具が地域の規格に合わないと危ないので、ガス会社の人の点検が必要になります。引っ越しの当日に供給の立ち合いをしてくれるよう、事前に連絡を入れておきましょう。そうしないとお湯が沸かせられないので、お風呂が入れない・・・なんてことも。

水道局に使用停止・開始の連絡

水道の使用停止の申し込みは、引越しの1週間前、遅くとも2~3日前までには、現在住んでいる市区町村役場の水道課や水道局に連絡します。

水道の使用開始はメーターボックス内の水止め栓を回して開栓すれば水道が使用できます。

転入届を出す

引っ越し後、14日までに転出証明書を持って役所に出向き、転入届を提出します。

銀行などの住所変更

銀行や保険会社、クレジットカード会社、携帯電話会社など、各種の住所変更をします。

運転免許証の住所変更

引越し先の所轄にある警察署もしくは運転免許センターで住所変更の手続きをします。

健康保険や年金の住所変更

引越し先の役所で、国民健康保険、国民年金の住所変更をします。転居後14日までに行います。厚生年金は、勤務先に変更届を提出します。こちらも14日までに行います。また自動車を所有していれば、陸運局で登録変更をしましょう。

まとめ

引越し貧乏っていう言葉があるように、引越しにはすごく費用がかかりますよね。

上記費用以外にも引越し業者の確保や生活用品の購入があればさらにプラスアルファ引越しが費用がかかります。

だからこそしっかりと物件を選び、失敗した!と思うことがないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれ、生まれも育ちも大阪のノバべです。 2019年1月からブログを始めました。今まで物流の仕事しかしてこなかったのでネット関係にウトく書き方とか日々勉強中です。 2019年5月よりはてなブログからワードプレスに変更しました。 神社ネタや役に立つ情報を提供できればと思っています。 特に神社ネタはメジャーな神社もそうですが、マイナーな神社も紹介していきたいと思います。 よろしくお願いします。