【大阪府箕面市】大阪セレブの街で御朱印集め 箕面神社スポット4選

関西の大阪府箕面市は大阪北部に位置する市で、観光名所は箕面ダム・勝尾寺・箕面滝などがあります。箕面もサルも有名ですね。

隣接している市は池田市・豊中市・吹田市・茨木市・豊能郡豊能町・兵庫県川西市と大阪では欠かせない町となっています。

また大阪の「お金持ちが住む街ランキング」で1位になるほどセレブの街で知られています。特に「百楽荘」「桜井」「桜が丘」がすごいです。

そんな観光名所もありセレブの街で知られている箕面市の神社の魅力を紹介したいと思います。

正丸稲荷神社

正丸稲荷神社 ご利益 箕面市

箕面市桜にある閑静な住宅街にある「正丸稲荷神社」( しょうまるいなりじんじゃ)。

いくつもある鳥居がプチ伏見稲荷神社っぽくていいですね。

正丸稲荷神社 ご祭神

正丸稲荷神社 ご利益 箕面市 ご祭神

ご祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。

宇迦之御魂神は稲荷神社での祭神で稲荷神とも呼ばれています。

『古事記』では宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、『日本書紀』では倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と表記する。

名前の「宇迦」は穀物・食物の意味で、穀物の神である。また「宇迦」は「ウケ」(食物)の古形で、特に稲霊を表し、「御」は「神秘・神聖」、「魂」は「霊」で、名義は「稲に宿る神秘な霊」と考えられる。

記紀ともに性別が明確にわかるような記述はないが、古くから女神とされてきた。

伏見稲荷大社の主祭神であり、稲荷神(お稲荷さん)として広く信仰されている。ただし、稲荷主神としてウカノミタマの名前が文献に登場するのは室町時代以降のことである(後述)。伊勢神宮ではそれより早くから、御倉神(みくらのかみ)として祀られた。

出典元:Wikipedia

正丸稲荷神社 ご利益

正丸稲荷神社 ご利益 箕面市 拝殿

ご利益は・・・商売繁盛・産業興隆・芸能上達・家内安全・五穀豊穣

正丸稲荷神社 古墳

古墳の石室(せきしつ)が神社の神殿(しんでん)に利用されているために未発掘(みはっくつ)ですが、小規模な円形の墳丘(ふんきゅう)と、横穴式石室の形態から、古墳時代の後期、6世紀後半から7世紀ごろの築造(ちくぞう)と推定されます。

古墳の名称になっている稲荷神社は、もっとも古い記録として、江戸時代享保11年(1726年)の「西小路村郷鑑帳(にししょうじむらざとかがみちょう)」に見られますが、この記録から、地域の人々が昔から、神社と共に、古墳を大事に伝え残してきたことがわかります。

神社名:正丸稲荷神社

住所:大阪府箕面市桜2-10

八幡太神社

八幡太神社 ご利益 箕面市

小学校と中学校に挟まれた八幡太神社。隣に八幡太公園があり、ブランコや複合遊具もあるので、子供と公園に来て八幡太神社(はちまんたじんじゃ)でご利益をもらうのもいいですね。

八幡太神社 ご祭神

八幡太神社 ご利益 箕面市 鳥居

八幡太神社のご祭神は応神天皇(おうじんてんのう)です。

応神天皇とは・・・

応神天皇は、「八幡さま」として広く親しまれる八幡神社の祭神です。大分県の宇佐八幡宮を総本社として、全国に二万余にのぼる分社があるといわれています。

「応神」というのは、死後の漢風諡号(かんふうしごう)です。書籍などには「応神天皇」という名前で登場するので、多くの人にとってなじみがありますが、八幡神社の祭神としては、「誉田別尊(ほんだわけのみこと)」または「品陀和気命」の名が用いられます。

父は第14代・仲哀天皇、母は神功皇后です。古事記や日本書紀によれば、神功皇后は神託によって、身重の体で新羅へ出兵しました。その間、生まれそうになる腹の子を押さえ、帰国してすぐ、筑紫国において出産したといわれています。

この地は宇美(うみ)と名づけられました。今日そこには、神功皇后・応神天皇の母子に、玉依姫(たまよりひめ)を加えた三柱の神を祭神とする宇美八幡宮が鎮座しています。これら三柱の神を祭神とするのが、全国の八幡社のかたちです。

しかし、なぜ応神天皇が八幡さまとして信仰されるようになったかという経緯は、明らかになっていません。また、玉依姫が本当は何ものであったか、あるいは応神母子との関係、そもそも八幡神とは原初、どのような神であったのか……など、八幡信仰にまつわる謎は多く残っています。

たとえば、平安後期に成立した歴史書『扶桑略記(ふそうりゃっき)』によれば、第十九代・欽明天皇の御代に八幡神が現れ、応神天皇と名のったと記されています。八幡神はのちに武家の統領たる源氏の守護神として信仰され、武神としての色彩を強めていきました。

応神天皇が実在の人物であるかどうかは微妙なところですが、応身天皇の御代である歴史上では四世紀ごろに、国家という形態がある程度まで整い、朝鮮半島から漢字をはじめとする多くの知識や文物が流入してきたと考えられています。

そうした渡来系の民が九州の地にもたらした信仰や伝承が、のちの八幡信仰の礎になった可能性が高いでしょう。

出典元:神道神社

八幡太神社 ご利益

応神天皇 八幡太神社 ご利益

八幡太神社のご利益は・・・

・勝運招来

・厄災除け

・健康長寿

・出世開運

・学問・受験合格

神社名:八幡太神社(はちまんたじんじゃ)

住所:大阪府箕面市新稲3-6-1

阿比太神社

阿比太神社 ご利益

住宅街の真ん中にたたずんでいる阿比太神社。無料駐車場も完備しています。

前途2つの神社とは違い面積が大きく入口が3つあります。半町参道(はんじょさんどう)・桜参道(さくらさんどう)・新稲参道(にいなさんどう)創建は応神天皇3年。

上の画像は桜参道です。

阿比太神社 ご祭神

阿比太神社 御朱印 ご利益

阿比太神社のご祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)

素戔嗚尊とは・・・

日本神話に登場する神で、イザナギ(男神)が黄泉の国から帰ってきた際に、汚れた体を清め、禊(みそぎ)祓いをしました。

その時に生まれてきたのが、天照大神(あまてらすおおかみ)姉・月読(つくよみ)性別不明・素戔嗚(すさのお)弟です。

そしてイザナギからそれぞれの場所を治めるように命じられますが、素戔嗚はそれを断り、亡くなったイザナミ(女神)に会いに行きたいと言います。

イザナギは激怒し追い出します。

すると素戔嗚は姉である天照大神に理由を説明しに挨拶に行きますが、素戔嗚は尋常じゃないくらいの怪力で少し動いただけでも地響きがするぐらいで、天照大神も自分の場所を奪いにきたんじゃないかとビビり始めましたが、素戔嗚が理由を説明してようやく納得しました。

しかし、素戔嗚は場所が心地よかったのか高天原に居座ってしまします。そこで色々と迷惑をかけられとうとう天照大神は引きこもってしまいます。天照大神は太陽の神だったので、引きこもったせいで、人間界から太陽がなくなってしまいます。

どうにか引っ張り出されて光が戻った人間界であったが、その原因を作った素戔嗚は高天原から人間界に追放されます。

追放され、人間界に降り立った場所が「出雲の国」。そこで泣いている老夫婦に出会い

理由を聞くと、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の生贄に娘がされると言われ、そこで「櫛名田比売(クシナダヒメ)」と出会います。

素戔嗚は櫛名田比売を嫁にもらうのを条件に八岐大蛇を倒し、嫁にもらい「出雲の国にある須賀の地」に留まった。

そんな暴れん坊のヒーローが素戔嗚尊です!

阿比太神社 ご利益

阿比太神社 御朱印 ご利益②

・縁結び

・商売繁盛

・五穀豊穣

・病魔退散

・文武両道

阿比太神社 手水舎

阿比太神社 ご利益 手水舎

手水舎で口と顔を清めましょう。

阿比太神社 本殿

拝殿 阿比太神社 御朱印

本殿は昭和50年11月に建立されました。

阿比太神社 無事通り抜け参道

阿比太神社 本殿 御朱印

本殿の右横に「無事通り抜け参道」と書かれた石碑が!!

「厄や試験などを無事通り抜ける」という意味の参道らしいです。

阿比太神社 大杉稲荷社(末社)

大杉稲荷社 御朱印 ご利益

赤い鳥居が並ぶ大杉稲荷社は伏見稲荷大社の三之峯から分霊を分祀するもので、五穀豊穣・商売繁盛のご利益があります。

神社名:阿比太神社(あびたじんじゃ)

住所:大阪府箕面市桜ケ丘1-8-1

牧落八幡宮

牧落神宮 ご利益

阿比太神社から南東に進むとこれまた閑静の住宅街に牧落八幡宮(まきおちはちまんぐう)があります。ここの牧落八幡宮は画像を見てもらってわかるように、鳥居から拝殿が見えないぐらい参道が長いです。この参道内にある住宅はご利益に囲まれてる感じですよね。いいですね。

創建は寛文2年(1662年)です。

牧落八幡宮 鳥居

牧落神宮 二の鳥居

牧落八幡宮の法人名は八幡大神宮(はちまんだいじんぐう)で若宮八幡宮(わかみやはちまんぐう)とも呼ばれてます。

牧落八幡宮 ご祭神

牧落八幡宮のご祭神は応神天皇です。

どんな人かは上記「八幡太神社」と同じご祭神なので参照してください。

牧落八幡宮 ご利益

・勝運招来

・厄災除け

・健康長寿

・出世開運

・学問・受験合格

牧落八幡宮 手水舎

牧落八幡宮 手水舎

鳥居をすぎた左手に手水舎があります。口と手を清めましょう。

牧落八幡宮 拝殿

牧落八幡宮 拝殿 御朱印

牧落八幡宮 久延彦命社・稲荷社

牧落神宮 ご利益 本殿

久延彦命(くえびこのみこと)と稲荷神を祀っています。右手に京都にある安井金毘羅宮(やすいこんぴらぐう)の「縁切り縁結び碑(いし)」に似てますね。

左にある「ちえの神さん」は久延彦命が学業向上・合格成就の神様なので石碑を建てられてるってことですね。

牧落八幡宮 武内宿禰社

たけしうちのすくね 牧落八幡宮 御朱印

武内宿禰(たけしうちのすくね)が祀られています。

神社名:牧落八幡宮(まきおちはちまんぐう)
住所:大阪府箕面市牧落2-12-27

関西の大阪府箕面市の神社巡りでした。参考にして頂いてご利益に参拝、または御朱印集めに活用していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みずがめ座のポジティヴマンです。 2019年1月からブログを始めました。書き方とか見せ方とか日々勉強してます。 2019年5月よりはてなブログからワードプレスに変更しました。 神社ネタや役に立つ情報を提供できればと思っています。 よろしくお願いします。